交通事故相談

交通事故でお悩みの方へ

交通事故は、日々の生活の中で、私たちがいつ巻き込まれるかわからないものです。
そのようなとき、弁護士にご相談いただければ、どのような範囲で賠償を求めることができるか、今後の見通しはどうなるかなどについてアドバイスをするとともに、一つひとつ確実に解決していくことが可能です。

弁護士に依頼するメリット

1.ご負担の軽減

不幸にして交通事故の当事者となってしまった場合には、保険会社への連絡や交渉に時間を取られてしまい、お仕事や日常生活に支障をきたす場合があります。また、保険のプロである保険会社の担当者との連絡・交渉は、精神的にもストレスとなる場合があります。
弁護士にお任せいただければ、連絡・交渉等の窓口となり、全面的にサポートさせていただくことができるため、ご負担を軽減することができます。

2.適切な賠償金の確保

交通事故における損害賠償の算定基準には、「自賠責基準」と、保険会社ごとに設けている「任意保険基準」、これまでの裁判例もとにした「裁判所基準」の3つがあります。
保険会社は「任意保険基準」をもとに交渉を進めてきますが、慰謝料などの算定が「裁判基準」に比べると低い傾向にあります。
交渉を弁護士にお任せいただくことにより、保険会社に対して「裁判基準」をもとに賠償額の交渉を行うことができます。これにより、賠償額の増加につながるなど、適切な賠償を受けることが可能となります。

3.後遺障害認定のサポート

後遺障害認定の等級が重いほど、慰謝料や逸失利益は増加しますが、相手方保険会社に任せておくだけでは、認定されるべき等級よりも低く認定されてしまうケースもあります。
弁護士にご相談いただければ、いわゆる被害者請求を行ったり、医師に診断書作成等の協力を求めたりといった後遺障害認定についてのサポートを受けることも可能となります。

弁護士費用特約とは

自動車保険(任意保険)に付帯されている特約で、保険契約者とそのご家族、または契約の車に搭乗中の方などが、損害賠償請求を行う際に生じる弁護士費用や、法律相談などの費用を負担してくれる保険です(保険会社によって「弁護士費用特約」「法律相談費用補償特約」「弁護士費用等補償特約」など名称の違いがあります。)。
仮にご自身が特約に入っていなくても、同居のご家族や、未婚の方なら別居の親が保険に加入している場合、特約が使えることがあります。

ご予約・ご相談はお気軽に

お電話又は、メールからお申込みください。

TEL:075-212-2230

相談予約はこちら

tel_bn_sp.png
相談予約はこちら