個人のお客様へ

日常生活のさまざまな問題に柔軟に対応

普段の生活をする上で起こり得る法的なトラブルについて、丁寧にお話をうかがって問題を整理しながら解決していきます。

離婚問題

離婚の際には、婚姻費用、財産分与や慰謝料、親権や養育費など、様々な問題に直面するため、当事者の負担は思いのほか大きくなりがちです。また、特に離婚問題は、感情的なもつれが生じやすいと言われます。 手続的な負担はもちろんのこと、心理的な負担も軽減するとともに、それぞれの事案に応じた最適な解決が図れるようお手伝いいたします。離婚調停や裁判だけでなく、協議離婚に際しての離婚協議書の作成等についても、当事務所にご相談ください。

交通事故の問題

不幸にして交通事故に遭われた場合、解決までには保険会社との示談交渉や後遺障害の認定など様々な問題に対応しなければなりません。このような対応に追われ、治療やお仕事に専念することが困難になることもあります。また、弁護士が対応することによって、いわゆる「裁判基準」という金額での交渉が可能となり、保険会社から支払われる賠償金の額が増えることもあります。保険会社との対応にストレスを感じておられる方や提示された金額に納得が出来ない方、その他交通事故に遭われてお困りの方は、当事務所にご相談ください。

相続・遺言の問題

相続は誰もが直面する出来事です。しかし、相続を巡って相続人間で争いが生じることは珍しくありません。しかも、感情的なもつれや不満が争いの背後にあり、相続人だけで解決を図ることが困難な場合もあります。弁護士にご相談いただければ、遺産分割協議や調停などによって適切な解決を図るお手伝いをさせていただきます。
また、遺言を残すことでこのような争いを避けることも可能となります。公正証書遺言の作成など、遺言に関する問題についても、当事務所にご相談ください。

借金の問題

借金に関するお悩みは、一人で抱え込んでしまい、深刻になることが多いです。しかし、弁護士にご相談いただければ、任意整理や個人再生、自己破産などの手続の中から、それぞれの事案に最適な方法を選択して解決を図ることが可能になります。法律が用意した手続を利用することをためらわず、深刻な状況になる前にご相談ください。経済的再生を図り、新たな生活をスタートするためのお手伝いをさせていただきます。
債務整理や自己破産に関する手続のほか、過払金に関する問題や時効援用に関する問題などについても、お気軽にご相談ください。

債権回収

正当な債権について、債務者が不当に支払を拒んでいる場合でも、債権者は、法律に則ってその回収をしなければなりません。「売買や請負の代金を支払ってもらえない」、「貸したお金を返してもらえない」といった債権回収の問題は、当事務所にご相談ください。内容証明郵便、民事保全、調停、訴訟、強制執行等の中から適切な手段を選択し、債権回収を図ります。

労働の問題

不当解雇、残業代の未払い、パワハラ、セクハラといった職場トラブルについてのご相談は近年非常に増えています。 
法律上、企業は従業員を自由に解雇することはできません。また、法律が定めている基準を上回るような長時間労働については、残業代を請求することが可能です。
いわゆる「ブラック企業」といわれる過酷な労働状況で、心身に深いダメージを負い正常な判断ができなくなる方も少なくありません。
泣き寝入りをしないためにも、一人で悩まずに、当事務所にご相談ください。

消費者問題

「強引に勧誘され、その場を逃れるために契約を結ばされた」、「クーリングオフできないと言われた」、「提供されたものが契約内容と異なる」などのトラブルが増えています。また近年ではネットショッピングの普及にともなうトラブルも珍しくありません。一人で悩んであきらめてしまう前に、当事務所にご相談ください。

不動産の問題

「突然、大家さんから立退きを求められた。」、「賃料の値上げを要求された。」、「賃借人が家賃を払ってくれない。」等、不動産賃貸借を巡る問題は様々であり、このような問題に個人で対応することは難しい場合が多々あります。弁護士にご相談いただければ、契約書などから権利関係を確認したうえで、交渉や法的手続による解決をお手伝いさせていただきます。
また、後の紛争をなるべく避けるためには、契約段階できちんとした契約書を作成しておくことが重要になります。契約書の作成や確認についても、当事務所にご相談ください。

損害賠償

契約違反や不法行為によって損害を被った場合、相手方に対し、その損害の賠償を求めることができます。契約の不履行や遅延等によって損害を被った場合や、暴行・傷害、詐欺・横領、器物損壊等の不法行為によって被害を受けたときには、損害賠償を請求できる場合があります(事案によっては、慰謝料を請求できる場合もあります)ので、相手方の故意または過失によって何らかの被害を受けた場合には、一度、当事務所にご相談ください。

犯罪・刑事事件

「突然、家族や知人が警察に逮捕された。」、「突然、警察に呼ばれた。」というような事態に巻き込まれた場合には、その不安や動揺は大きいものです。もし、このような問題に直面した場合には、当事務所にご相談ください。刑事事件についての手続などをご説明するとともに、必要な助言をさせていただきます。また、弁護人としてのご依頼を受けた場合には、速やかに警察署等に行ってご本人と面会するとともに、示談交渉や公判準備、公判での弁護活動などを行います。

ご予約・ご相談はお気軽に

お電話又は、メールからお申込みください。

TEL:075-212-2230

相談予約はこちら

tel_bn_sp.png
相談予約はこちら